新型コロナの春、自律神経が乱れてはいませんか?

新型コロナウィルスがいよいよパンデミックとなり、不安を覚えていらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。

恐怖や不安は人間が危険を遠ざけるために本来必要な本能ですが、過度な恐怖や不安はかえって人間の本来持つ免疫力や自然治癒力を低下させてしまいます。過度に恐れや不安を抱くことのないように 自然体を意識して、手洗いやうがい・マスクなど感染の予防をただ淡々と行うことが、免疫力を高めるために必要なことかもしれません。

さて、話は変わって季節は春。
寒暖の差が激しくなることから、体温調節の為に「脳」のリソースを多く消費してしまいます。ただでさえ、現代人の「脳」は情報処理のためにオーバーワーク気味になっているところに、急に春になることで自律神経が乱れてしまう方が急増しております。

よく聞く症状としては以下のとおりです。

・身体が急にだるい
・めまいがする
・頭痛がする
・腰が重い
・脚が重い

そこで簡単な対策を3つあげておきます。

1睡眠の質を高める

2生活のリズムを意識する

3肝臓の働きを意識する