「ピンチはチャンス」

こんにちは。
MYヒーリングラボの松田博明です。

緊急事態宣言も延長の方向で進んでますね。
自粛でストレスが溜まっている人も多いようです。

経済の縮小も叫ばれていますね。
本当に大変な状況になってしまいました。

それでも、一部の人は「コロナウイルスのお陰で素敵な人との出会いがありました!」と嬉しそうにしていたり。

人によって様々です。

今週は、やはり精神的に弱ってしまっている患者さんとお話させていただく機会が多かったのですが、会話の中で強く感じたことがありましたのでシェアさせていただきます。

多くの成功者が語るように、「ピンチはチャンス」と頭ではわかっているんだけれども、どうしてもネガティブな部分にばかり目が行き悲観してしまう😢という人も多いようです。

ここで少しだけ、ボクシングの話をさせてください。

私が学生時代からやっていたボクシングは、この「ピンチはチャンス」であるということを、身体で教えてくれました。

『 カウンターパンチ』がまさにこれです🥊

カウンターパンチとは、相手が打ってくるパンチのエネルギーを利用して、自分のパンチ力を増幅させる必殺パンチです。

リスクは高いのですが、成功すれば一発で試合を終わらせることもできます。

一瞬で試合をひっくり返すほどの爆発力があります。

ボクサーは、一度でも体感したら忘れられません。

これがあるから、私がみてきた選手達はどんなに劣勢でも最後まで勝利を目指し試合を続けたのかもしれません 。

本当にみんな諦めません。

その姿に感動しました✨

情報化社会を生き抜く上で、いかに多くの情報を受信できるか?とか、いかに鮮度の高い状態でインプットするか?ということが重要であると考える人も多いかもしれません。

確かにそうでしょう。

しかし、このような時代だからこそ、「身体で感じる」ということ、「体験ベースで語る」ということに意味があるように思えてなりません。

少し古臭い考え方かもしれませんが、身体で覚えたことは一生忘れません。

これに関しては、良い習慣も悪い習慣もありません。

悪い習慣は、蓄積すればするほど身体の歪みとなって現れます。

過去の体験が人間の身体に与える影響は恐ろしいものがあります。

未来に対する不安で押し潰されそうになっている💦という方は、是非こんな時代だからこそ体験できること、感じられることを大事にしてお過ごしいただければと思います。

考えることが全てではないハズです。
それではまた。

バイバイ(´ー`)/~~